NO KICK NO LIFE 公式コラム 第12回「NO KICK NO LIFEを楽しもう 観戦マナーについて」

NO KICK NO LIFE コラム

NO KICK NO LIFEの見所、選手のすごさをこれまでいろいろ語ってきましたがいかがでしたか?
すごいでしょ?すごいでしょ??
行きたくなって、「参加予定」をぽっちとしちゃったでしょ?
ということで、キックは見たことないけど、NO KICK NO LIFEで「キック観戦(感染?)」デビューすることに決めた素敵なあなたの為に、今日は、準備編第2弾として、「キックボクシングはこうやって観戦すると楽しいよ」と題してマナー(?)や「お約束」について書きたいと思います。
テレビ観戦ではなく、初めて「会場」でスポーツを見るとき「どうしたらいいの?」とちょっと不安になりますよね。
それでは、キックボクシングの観戦マナーやルールって?という話になるんですが、基本、「自由」です!!(笑)
試合中、周りの人とおしゃべりをしようが、手を叩いて盛り上がろうが、ぜんぜん、OKです。だまって見ようが、声を出して見ようが
お好きにどうぞ!って感じです。ただし、キックボクシングでは野球(特に外野)やサッカーみたいに「スタンディング」で試合を見る風習はありません。
というか、後ろの人が見えなくなっちゃうので、試合をしている時は座って観戦をしましょう。といっても、試合の決着がついて、わっと盛り上がった時に、ちょっと席をたつ!っていうのは全然ありです。
あと、試合中、トイレに行ったり、飲み物を買いにいったりするのに席を立つことは可能です。ただ、一生懸命試合をみている人も多いので他の人に席をたってもらうときは、一声かけてくださいね。

ちなみに、10分ほどの休憩時間が、イベントの間に(大体、半分終わったぐらいのタイミング)あります。
今回の「大田区総合体育館」のトイレは広いのでそこまで混雑しないと思います。(スタジアムでやるコンサートのトイレ待ちとかすごいですよね!あんなことはないと思います!)
あと、お酒を飲みながらの観戦ですが、こちらもOKです。
ただし、何をみてるのか分からなくなっちゃうほど飲んだらもったいないし、泥酔して人に迷惑をかけるのだけはやめましょう。
「キックボクシング」だからという禁止事項などはなく、一般常識として「人としてやってはいけないこと」をしなければ大丈夫です(笑)。
ここからは、やってもやらなくても全然よいのですが、一緒にやると楽しい「お約束事」についてちょっと書きます。
まず、お気に入りの選手がいる場合ですが、試合をする両選手が入場、リングインした後、1ラウンドが始まる前に、リングアナがそれぞれの選手を紹介します。
この時が、盛り上がりポイントです。お気に入りの選手の名前がコールされたら、大きな声で選手の名前を呼んで盛り上がりましょう。
ちなみに、紙テープをなげるのもこのタイミングがよいです。
(紙テープは芯を抜いてから投げてね。あと、思ったより全然 飛ばないから、でっきるだけ前に行って投げてください)
あと、試合中ですが、自分のお気に入りの選手(じゃなくても)の攻撃が入ったら「オーーーイ!」って声をあげたり、手を叩いてあげましょう。
それで、選手も乗ってきますし、周りで一緒の選手を応援している人がいる場合、連帯感が生まれて楽しいです。
また、ここぞ!って場面では(ラウンドが終了するちょと前が多い)選手の名前の合唱がはじまったりしますので一緒にコールしてあげると盛り上がります。
ちなみに、1ラウンドは3分です。
それが、3ラウンドもしくは5ラウンドあります。
KOがあれば、そこで終了です。KOで決着しなかった場合、判定になります。どちらにしても、決着がついた時、勝った選手はその喜びを
いろんなパフォーマンスで表現したりします。
中には、一緒に喜びを分かち合うべく客席を「煽る」選手もいます。その場合は、ぜひ、それに乗っかってみてください。

あとは、思う存分楽しんでくれればそれでよし。
イベントを作っているスタッフも、そして、リングに上がって試合をする選手も、一番の願いは、「見ているお客さんに盛り上がってほしい!楽しんでほしい!」だと思います。

だから、リラックスして、思う存分楽しんでください!!
それが一番の「お願いしたいこと」です。しっかり楽しむ心の準備してきてくださいね。

大会概要・まとめはこちら

NO KICK NO LIFE2016


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA