NO KICK NO LIFE 公式コラム 第18回「NO KICK,NO LIFE~THE FINAL~」

NO KICK NO LIFE コラム

NO KICK NO LIFE 公式コラム 第18回「NO KICK,NO LIFE~THE FINAL~」

NO KICK,NO LIFE~THE FINAL~いよいよ開催が迫ってきましたね。
さすが「THE FINAL」って感じのカードがずらりと並びました!
今日は、これまで紹介してきた選手が出場するカード以外の試合について紹介したいと思います。
まず第一試合の井上昇吾(白山道場)VS旭野穂(ゴールデングローブ)!

01
井上選手は、昨年11月の「NO KICK,NO LIFE」渋谷O-EAST興行にも出場。勝ち星にこそ恵まれませんでしたがデビュー戦ながらキャリアで勝る相手に一歩も引かない気持ちの見えるファイトで会場を盛り上げてくれました。

今回も、前回と同じく第一試合に登場!
これまた観客に「一気に火をつける」熱いファイトが期待されます!
相手は、セミファイナルに出場する森井選手と同じゴールデングローブからの参戦、旭野穂選手。
空手の経験もあり、優秀な成績を収められているようです。森井選手の紹介でも書きましたが、ゴールデングローブは、数々の有名、強豪選手を擁する名門ジム。そして、練習がめちゃめちゃハードなことでも知られるジムなので、その練習に耐え、リングに上がる
選手たちは、色々な意味で「タフ」です。
気持ちの強い選手同士、俗に言う「ぬるい」試合にはならないことは間違えありません。一試合目から一気にボルテージが上がりそうですね!
そして、第三試合。
雅駿介(PHOENIX・学生キックライト級2015年王者)
VS
錦和道(ゴールデングローブ)

雅駿介(PHOENIX・学生キックライト級2015年王者) VS 錦和道(ゴールデングローブ)
雅選手は、アマチュア時代からアマチュアキックボクシング大会「KAMINARIMON」全日本
トーナメントで優勝、学生キックでもタイトルを奪取と輝かしい経歴があり、プロに転向後も、デビュー戦でのKO勝利を皮切りに、目下、6戦6勝と勢いにのる期待のホープ。
パンチも蹴りも上手で、バランスがとてもいい!
タイ人トレーナーも指導にあたるPHOENIXに所属している事もあり首相撲、ヒジ、ヒザも出来る「ムエタイスタイル」の選手です。
対する錦和道選手は、元「不良」を公言している、地下格闘技出身の選手。
地下格闘技の大会「GLADIATOR」でチャンピオンになり、その強さが格闘技ファンにも広く知られるようになりました。
キックボクシングに転向後は、ゴールデングローブに所属しその類まれなる「闘争本能」に加え、技術とスタミナにも磨きをかけ、めきめきと実力をつけている選手です。
アグレッシブなファイトスタイルを得意とする選手でそのハードパンチャーぶりは、多くのファンを魅了しています。
バックボーンも、ファイトスタイルもまったくことなる両選手。
「エリート」VS「叩き上げ」とでもいいましょうか。
ただ「もっと上に行きたい!」という思いは二人ともきっと同じでしょう。高みを目指す両者の戦い、これは激しい試合になりそうです。
この試合で勝利をあげ、次のステージへの扉を開けるのはどちらか!?
うーん、ほんとにすごい楽しみですね。
どきどきしながら当日を待ちましょーー

 

 

IMG_4404

 プロフィール:神戸 麻美 (かんべまみ)
RIKIX横浜TANAKA STUDIO所属。キックボクシング歴は10年以上、過去にはリングにも上がる、キックボクシング観戦歴も10年以上を越えており、国内外問わず各団体を観戦。