はじめに

キックボクシングはタイの国技・ムエタイの流れを汲む日本発祥の格闘技です。

キックボクシングは現在、パンチやキックなどの動作を取り入れたプログラムがスポーツジムでも実施されたり、モデルや芸能人をはじめとするセレブ達の間でもブームとなり、身近で幅広い人たちが取り組めるスポーツになってきております。

プロの興行(平均集客1000〜1800人)は年間150回を超え、その下部組織のアマチュア大会は60回以上も日本各地で行われ、競技人口含め更なる発展が見込まれております。その反面、多く存在する団体同志の交流が難しくなっていることが課題でした。

2014年の「NO KICK NO LIFE」では、他団体の選手たちを集結させ、夢のカードを実現し、3800人を超える観客で会場を埋め尽くすことができました。

「NO KICK NO LIFE」は、幅広いファン層の獲得の為に、更なる夢の対戦カードの実現に力を入れ、その団体同志のトップ選手やムエタイ界のスーパースターを今大会も集結させます。

国内外の強豪選手が一堂に集い、鍛え抜かれた肉体と熱い魂のぶつかり合い、そこにこだまする熱い声援が会場中に響き渡る展開になることを確信しております。格闘技関係者、格闘技ファン以外の人たちから注目を集める大会になることをお約束します。


小野寺 力

小野寺 力

キックボクシングジム リキックス代表
小野寺 力

1974年7月7日生まれ。東京都大田区出身。RIKIX代表。1992年にプロデビュー。

96年5月にキックボクシング日本フェザー級王座を獲得。以後、4年間そのタイトルを保持する。2005年10月に引退。03年11月、キックボクシングジムRIKIX(リキックス)設立。